2015年05月24日

重慶大学へ留学

中国重慶留学の勧め



そういえば忘れてた。

一応このブログを通して、留学っていいよ!

ってお伝えしたかったんだ。


何がいいんだろうね・・・


見方が広がるとか・・・かな。


そんなありきたりの言葉なんだけど、それがすごい心地いいんだな。



どこに住んでても人間は人間。
笑うし泣くし怒るし。

いい人はやっぱりいい人だし
嫌な人はどこでも嫌な人。

そんな単純な原理が心に響くのも心地よい。


留学したら人生が変わる


なんてことはないけど、人生を形作る質のいい材料がいっぱい集まるよ。

その材料をどう使って人生をどう豊かにするかは自分次第だけど。



その土地の人を好きになれたら
きっと場所はどこでもいい。



でもやっぱり僕は重慶が好き。
ほか行ったことないけど。




本地人:bendiren地元っ子のことをこう呼ぶの:の性格は優しくて親切でまっすぐ。

好奇心旺盛で新しい物好き。


だからすぐ友達になれる。


語学は学校も大事だけど、どれだけ本地人と話せるがが伸びる秘訣と思うけど

街中に人がいて、話しかければだいたいトモダチ。

昼間会う人たちなら悪いことに誘うような人も今んとこいない。

人に触れると心も成長。



あと、現実的なことも大事。

重慶はまだ物価が安い。
かといって田舎かというと、田舎の割には都会。


AppleStoreもあるし、IKEAもあるし。
コンビニもセブンイレブンからローソンまで普通に乱立。

超市:chaoshiスーパーマーケット:にいけばなんでも揃う。

ごはんは外食でも節約すれば100円から200円で。
贅沢しても600円もだせば美味しいものが食べれる。

飲んだら気付けば日本と同じくらいの時も。


店はちゃんと選ばないといけないけど。
僕が紹介するとこなら、大抵の人は美味しいお店。


あとね、空気は比较好:bijiao hao比較的いい、みたいな時に使う:
上海と北京に比べれば更好:genghaoすごいいい!:

日本と比べちゃダメ。





重慶は中国の古き良きと新しい文化が融合した貴重な場所。



そんな中国重慶留学の勧め。






次は気が向いたら、なぜ今中国語?をクローズアップしてみよう。




今日の重庆:chongqing中国語ではこう読むの:ゴト



きっと元ネタはこれ。




楽しい国、中国。


posted by take5400 at 11:34| Comment(0) | 中国留学のすすめゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村