2015年08月03日

一番安いごはんの食べ方

一番安いごはんの食べ方



留学生だと、お金キツキツ

かな?

僕はキツキツだよー。てへ。




いずれにしてもお金節約できたらそれに越したことはないよね。



ここ重慶ではね、ほとんどのお店が食べ放題なのだな。
お代わり自由というか。


それ以外にも、お米代として3元くらい払って食べ放題っていうお店もあって。


安いだけならどこにでもあるけど

それなりの質を保ちつつ



安いとこ。




本日はそんなお店をご紹介。




みんなに大人気


九锅一堂



jiuguo yitang




場所は・・・チェーン店だからばいどぅってくれ。

ググれの中国版ね




伝統の料理をだしてくれるよ。


例えば







ほぼ辣椒:lajiao唐辛子:の中に隠れたエビのおかず。


30元くらいかな。


ちなみにこれは隣の席の重慶人のごはん。




ちょっと聞いてみたよ。




「辛くないの?」


重慶人「辛くない方が怖い」



だってさ。

これは四川の人の特色を言い表した言葉だね。

湖南人不怕辣,贵州人辣不怕,四川人怕不辣

っていうみたいよ。

怕:pa怖い:

辣:la辛い:

これで読んでごらん。




ね、日本人は漢字見て意味わかるから辞書出す回数は少なくて済むよ。


だからその分発音がんばれみんな!





さてさて。





僕たち今回頼んだのは・・





おお。


豪勢ですな。ぱっと見。




これで全部で18元。

二人で食べたから一人9元だね。




ちなみに僕が頼んだのだけで計算すると6元



内訳いってみようか。






大根の鍋が3元

野菜スープが9元




で、食べ放題が一人三元


白いごはん

炒飯

チャーシューごはん

キャベツとトマトときゅうりとポップコーン

あと饮料:yinliao:


ですね。


というわけで頑張れば大根鍋と食べ放題の6元で美味しくまんぷく食べれるわけです。



こんなんでお店やってけるのかなーと思うけど

これも全て、周りで大量に注文しては半分くらい残して帰る重慶の方々のおかげ。


です。



ちなみに冒頭に出てきた海老ちゃんも、まだまだ海老がいるのにお帰りになられたからね。


世界のどこかの飢餓が正される日は遠いね。





さて、そんな豪胆な重慶人だから、僕たちみたいにせこく食べてる人いないと思ってたけど

となりの老夫婦が同じくらいだったよ。

気さくなすごい幸せそうな夫婦だったよ。





それでね
普通の重慶人は大胆に頼みまくるんだ。


だから、お金ないけど贅沢したいときは勇気を出して言おうね。


「只有�姶个菜!」


zhiyou liangge cai!


ってね。




お店の人はまだまだ頼むと信じてずっと待ってるから。




がんばれ、みんな!








さて


本日のちょんちんゴトぉぉ。


こないだね、轻轨:qinggui地下鉄:の出口付近でブラブラしてたら突然




ぐわっしゃーーーぁぁぁぁ ん

ガラガラどしゃーーーーーー



って、大きな音がしたよ。


でも、言葉で書くと伝わらないね。


だから別に文字も大きくしないぜ。





とにかくすごい大きなガラスの割れる音がしたんだ!





びっくりしたよ。事故だと思って飛んでいったんだ。


そしたら





わかるかなぁ・・





窓をね、交換するかなんかで、古い窓が邪魔だったみたいで


窓ガラス取ったみたい。


ビルの内側から、ほうきで一発ばこーーーんってね!


それが道に散乱したって寸法だね。


そっか、そうやれば簡単だねー。



あー良かった、事故じゃなくて。



一応一人二人警備員というか、関係者が下で交通整理?みたいのしてたけど



こんなの









こんくらい





散乱してたからねぇ。






心配し過ぎは日本人の悪いクセ♪

世界はもっと単純だよ!ね。



でもちゃんと





後片付けしてたよ。





出したらかたす。

開けたら閉じる。

悪いことしちゃったら謝ればいい。




世界は思いの外、単純にできてるみたい。

きっとみんな、どこでも生きて行けるよ。

人間として正しいって素敵なこと。




よかったね。







でも、時には上から降ってくるものに気をつけようね、だれも守ってくれないよ。

ここは中国重慶!



posted by take5400 at 13:06| Comment(0) | ぐるぐるグルメゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村